テキストリンク
テキストリンク

ハケンの品格の出演者

ハケンの品格の出演者 大泉 洋(おおいずみ よう)@篠原涼子(しのはらりょうこ)の新ドラマ

ハケンの品格の出演者 大泉 洋(おおいずみ よう)@篠原涼子(しのはらりょうこ)の新ドラマを紹介しま〜す(^∀^)


大泉 洋(おおいずみ よう、1973年4月3日 - )は、日本の俳優、声優、タレント。主として北海道で活躍。「水曜どうでしょう」を始めとする道内のローカル番組に出演。最近では同番組が全国的にブームとなり、全国ネットのドラマ出演を機に広く知られるようになった。アミューズ、CREATIVE OFFICE CUE所属。血液型はB型。

大泉 洋(おおいずみ よう)とは、どんな人???

1973年4月3日、北海道江別市大麻に生まれる。家族は、両親と7歳上の兄。小学校5年生の時に札幌市南区へ引越し、真駒内南小学校、真駒内中学校、1992年北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、2浪を経て1994年北海学園大学経済学部経済学科に入学。浪人中に偶然見た野田秀樹主宰の劇団「夢の遊眠社」の公演ビデオに触発され、入学と同時に同大学の演劇研究会に参加した。

入学後間もなく同じ演劇研究会に所属していた森崎博之、安田顕らと知り合い、1995年末に演劇ユニット「TEAM-NACS」を結成した。当初TEAM-NACSは森崎と安田の大学卒業を記念した公演のために結成された一時的なものであり、1996年3月に一度限りの公演を行った後に解散したが、翌1997年1月に森崎が東京の会社を退職したことから、TEAM-NACSは再び結成されることになった。

その一方で演劇研究会での舞台が評判となり、現在の所属事務所であるクリエイティブオフィスキューの社長鈴井貴之夫人(キューの副社長)直々のスカウトを受けた。そして1995年7月、鈴井の斡旋の下で北海道テレビの深夜番組「モザイクな夜V3」に出演し、それを機に芸能活動を開始。翌1996年10月、同じく北海道テレビの深夜番組「水曜どうでしょう」に出演し、大きな評判を得たことから高い注目を集めることになった。

1998年3月に北海学園大学を卒業し、芸能活動を本格的に開始。 また高等学校の地理歴史科、公民科の教員免許を持っている。

以前は、札幌市内にある実家住まいだったが、最近では、ドラマ、映画、全国ツアー等で実家に居ることが少なくなり、一人暮らしのための部屋を借りることして、家具や家電を選んだことを「大泉洋のサンサンサンデー」(2006年11月26日放送分)で明らかにした。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。